アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の症状について

現代病とも呼ばれるアトピー性皮膚炎。子供でも大人でも苦しむ人が多い病気です。
アトピー素因と呼ばれる遺伝要因を持つアレルギー性疾患なので、いつでも年齢に
関係なく出てしまうのです。そんなアトピーの症状について検討してみたいとおみます。

 

特に子供に多いアトピー

アトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギー疾患は世界的に増加傾向にあるといわれています。
特に子どもの3人に1人が何らかのアレルギー疾患を持っているといわれています。
そんなアトピーにはどのような症状が現れるのでしょうか?

 

アトピーという言葉の語源には、奇妙な・不特定の・場所が
定まらないという意味があります。体のどこででも発症して
しまうのです。乳幼児期のアトピー性皮膚炎は自然によくなる
ことが多いです。
乳幼児期には、特定のアレルゲン、たとえば食物・花粉・ダニ・ハウスダストに対するアレルギー反応がひどく出ます。

 

しかしある程度成長してから発症すると、再発・増悪を繰り返してしまうという場合が多いのです。
特に大人になってからは、遺伝的なことだけではなく、そのほかの複合的な要因が関係してきます。

 

アトピーの一般的な症状

アトピー性皮膚炎の主な症状は、長く続くものです。繰り返して再生してしまうのです。
代表的な主な症状は、 かゆみがあることです。とてもかゆいので一日中同じところ掻いてしまい、
結果として出血がともなうというものなのです。また湿疹が体の部位に左右対称に出るのも特徴
です。 とくに額、目・口のまわり、耳、首、手足の関節部分などに、現れてしまいます。

 

大人になると6ヶ月以上の症状が現れます。
またこの手足の間接部分には、カサカサ、ゴワゴワ、ジュクジュクといった症状が現れます。
常に赤みを伴っていたり、盛り上がったいたらいします。

 

ひっかき傷が痒みのために出てきて、掻き過ぎで、ジクジクと化膿することもしばしばです。
そのために、カサブタができている状態が続きます。

 

アトピーの症状の特徴

アトピーは、なかなか治らないものです。
いつもアトピーの症状と戦っている人を見かけることでしょう。
アトピーが治っているとしても、皮膚が硬くなってしまい乾燥している状態が続きます。
常に薬が手放せずに、特に夏には症状がひどくなることがあります。